激安バイアグラを手に入れる方法

激安バイアグラの注意点は?

最近は、激安を謳い文句にしたバイアグラの通販サイトも数多くあります。
ただ、こうしたところは偽物も多いので注意しなければいけません。
ファイザー社製の正規品としながら、あまりに激安をアピールしているようなところは避けたほうが良いでしょう。
また、注文はメール以外に電話やFAXでもできるか、サポート体制が整っているのかなども確かめることです。
口コミやランキングサイトも参考にすれば、信頼できる業者かどうかある程度判断できますが、より安い価格で購入するには、数量に応じて割引があるか、送料は無料か、キャンペーンなどによる特別価格で購入できるか、なども確かめると良いでしょう。
100mg7箱パックまとめ買いで、1錠をピルカッターでカットし、50mgで使用するようにすれば、1錠1000円以下の価格になりますし、1年は継続して使用できます。
激安で購入したいのなら、ジェネリック医薬品を購入するのも一つの方法です。
ただ、ジェネリックでも偽物が出回っているので、これもやはり信頼できる業者から購入するのが大事で、あまりに価格が安いものは避けたほうが良いでしょう。
ジェネリックを7箱まとめ買いだと、1錠当たりの価格も安価で購入できます。
商品を激安で買うと言えば、オークションも良く知られ、時折オークションでバイアグラを見かけることもあるようですが、オークションにかけること自体違法なので、こうしたところで見つけても絶対手を出さないことです。

 

ポイント制度も活用
大抵のバイアグラの通販サイトは、購入した金額に応じてポイントが貯まる、ポイント還元システムがあります。
購入金額に応じて還元率もアップし、最大で購入金額の2〜10%くらいをポイントとして貯めることができ、ある程度ポイントがたまれば、次回購入する際の割り引きに利用できます。
サイトによっては、独自のポイントアップ制度もあります。
こうしたポイント制度を活用することも、激安でバイアグラを購入するコツでしょう。

 

バイアグラの、容量ごとでの価格は?

バイアグラには、25mg、50mg、100mgがあります。
25mgは、有効成分の含有量が一番少なく、効果も弱いタイプで、バイアグラをはじめて服用する人や、65歳以上の高齢者に処方されます。
25mgの場合、1錠に含まれる成分量に対しては一番割高な価格設定となります。
50mgになると、25mg錠の倍になるので、より強く硬い勃起が得られ、効果の持続時間も長くなります。
ただ、これも価格的にはやや割高になります。
容量が少ないほど、価格的にも安くなるのでは?と思うかもしれませんが、バイアグラの場合、決してそうではない、ということは知っておいたほうが良いでしょう。
100mgは日本国内では未承認なので、個人輸入代行業者を通して海外から輸入されたものを購入することになります。
アメリカ市場向けのものはボトル詰めになっていて、ヨーロッパ市場向けのものは箱詰めになっていますが、価格的には50mg錠と同じか、1.2倍くらいに設定されています。
ボトル入りの30錠で、48,000円くらいで販売されています。
病院でバイアグラを処方してもらうと、25mgか50mgのものが処方されますが、これ以外に初診料などもかかります。
これに対し、通販で100mgのものを購入すれば、価格的には25mg、50mgと同じくらいの価格で購入でき、これをピルカッターで半分にすれば、50mg二つ分になり、より激安になる、というわけです。
ここで注意が要るのは、バイアグラを半分に割って服用し、残りの半分を保管しておく際、切断された面のコーティングが剥がれると湿気に影響されやすく、場合によっては錠剤がボロボロに崩れてしまうこともあります。
このため、半分に割った残りはサランラップなどで包み、密閉した容器に保管しておくようにします。
ピルケースに保管するのも良いでしょう。