バイアグラの効果を得るための上手な服用方法

正しい使用方法がより効果を得る

バイアグラでより高い効果を得るためには、やはり正しい使用方法を知ることが大事となります。
服用する最適のタイミングとして、セックスの1時間前、できるだけ空腹の状態で服用することです。
空腹の状態で飲むほうが、効果が得られやすくなるといわれています。
一日一回、一錠を服用し、次に服用する際は24時間空けるようにして、必ず服用する量は守るようにすることです。
服用は、多めの水と一緒に飲むようにします。
最近は若い人で購入する人も増えているようですが、若い人の場合、精神的なダメージなどで勃起不全に陥ることが多いようです。
こうした人でも、バイアグラを正しく使用し、効果が実感できることで、自信を取り戻し、セックスにも余裕が持てるようになることでしょう。
また、食生活の乱れや、ストレスも勃起不全の原因となります。
まずはスポーツなどでストレスを解消し、食生活を改善することも、効果を得やすくなることにつながります。

 

■バイアグラを飲んで失敗しないために
バイアグラを飲む際は、体調もきちんと整えておくことです。
風邪をひいたりしていて体調が悪い時に服用しても、悪い副作用しか出ない、ということもあるようです。
服用してもなかなか効果が得られない、という場合、精神的なダメージが大きい場合もあるので、この場合は医師のカウンセリングを受けてみるのも一つの方法です。
また、パートナーとの協力も大事です。
パートナーにバイアグラを服用していることを知らせ、やさしい言葉をかけてもらうことも、精神的なダメージの回復につながります。

 

バイアグラの意外な効果とは?

最近は、意外なところでもバイアグラの効果が注目されているようです。
例えば、外国では高山での低酸素症に対する効果について研究が進められているところがあります。
これ以外にも、アメリカの大手新聞の報道によると、アメリカのCIAが、アフガニスタンでイスラム過激派の動向を調査するのに、現地の部族長に対し、情報を提供した報酬として、バイアグラを提供するようになった、ということです。
これは、何がしかの物資や食料を報酬として与えると外部に気づかれやすい、ということもあるようですが、もう一つの理由として、イスラムの国は一夫多妻であることから、主人の威厳を保持するのにバイアグラが貢献する、ということもあるのだそうです。
さらに、植物に対する効果も研究が進められています。
これも外国ですが、花にバイアグラの成分を溶かした水を与えたところ、しおれず長持ちするようになった、という報告があるそうです。
まだまだこれから、意外な効果が発見されるかもしれませんね。

 

バイアグラには若返り効果も?

最近は、バイアグラにはアンチエイジング、つまり若返りの効果もあることが判明しているようです。
男性自身の勃起は、性的興奮が高まることでcGMP(環状グアノシン一リン酸)が多数排出されることで起き、興奮が冷めるとPDE5という酵素の働きにより勃起が収まります。
普段はこの二つの動きがバランスをとっていますが、何らかの理由でcGMPの働きよりもPDE5の働きのほうが勝ってしまうと、勃起不全に陥るのです。
バイアグラには、PDE5の働きを抑え、一酸化窒素の働きを通常の状態に戻し、平滑筋を緩めたり、血管を広げ、血液の循環を促進する働きがあります。
これにより、硬くなった動脈が次第に柔軟性を取り戻し、肺高血圧症を改善させ、さらに心肺機能の向上や運動能力向上にもつながるのです。
体の老化は血管の老化によるものも影響しますが、これも防いでくれるのです。
バイアグラはセックスの時に一時的に服用するものと思われがちですが、継続的に服用することで、若々しい体を作ることにも貢献する、というわけです。
一日に決められた用量・用法を守れば、継続的に服用することも、特に問題はないとされています。
体の衰えを感じ始めたら、試してみるのも良いかもしれませんね。